スクワット運動後に生じた腰痛、臀部痛の治療例

患者

70代女性

訴え

スポーツクラブで荷重して行うスクワットのマシンを行ってから、右の臀部が痛むようになった。

所見

  • 腰部全体に筋緊張がみられる
  • 触診してみると、梨状筋と腸骨稜沿いの中殿筋部に圧痛がある。
  • 痛みのせいで足を引きずるような歩行をしている。
  • 前かがみになると痛む
  • 痛みの局在は不明瞭で腰部にも痛みを感じる。
  • 前に腰痛になったことはあるが、慢性的な腰痛ではなかった。

治療1回目

腰部の脊柱起立筋、大腰筋、小中殿筋、梨状筋に刺鍼。

大腰筋のL5L4付近に特に緊張がみられ、刺鍼時に強い得気があった。

臀部も全体的に緊張しており、大転子付近の深部は細い鍼での刺鍼が困難なであったため、太い鍼を使用。

治療2回目

前回治療後、50パーセント程度に痛みが軽減した。

前回と同様のポイントに刺鍼。臀部の緊張の軽減しているが、大腰筋の緊張度合いは前回と変化無く、刺鍼時の得気もかなり強い。

治療3回目

腰臀部の痛みは前回より良くなっているが、新たに鼠径部に痛みを感じるようになった。

側臥位にて腸骨筋への刺鍼を追加したが、腸骨筋自体の緊張はほとんどなく、刺鍼時の得気も起らなかった。鼠径部の痛みは大腰筋の痛みだと思われる。

刺鍼ポイントはこれまでのものに加えて、腸骨筋へ100㎜*0.4㎜を四本追加。

治療4回目

前回治療後からはあまり変化がないとのこと。日常生活での支障はほとんどなくなったが、ふとした時に痛みを感じる。

刺鍼後の痛み違和感は当日中に消失するとのこと。本日は刺激量を増やして治療を行う。

大転子周辺、仙骨際の大殿筋付着部、腸骨稜沿いの中殿筋付着部、L4L5付近の大腰筋は刺鍼時の抵抗が強いので特殊鍼を使用。

治療5回目

前回よりよくなった。刺鍼してみると、中殿筋、大転子周囲の深部の緊張はかなり低下している。仙骨際の大殿筋付着部と大腰筋には依然緊張がみられる。

基本の刺鍼に加え、硬結のあるポイントに特殊鍼を使用。

治療6回目

良くはなってきているが、違和感がまだ残る。

刺鍼すると臀部周囲の刺鍼時の抵抗が少ない為、今回特殊鍼は使用せず。

大腰筋の緊張だけが残っている状態。大腰筋刺鍼時の得気は当初よりも低下している。

治療7回目(最終)

ほぼ良くなったとのこと。

小殿筋、中殿筋は抵抗なく刺鍼できる。大腰筋には緊張が残っている。

大腰筋の緊張はあるが、症状がなくなったので今回で治療終了とする。次回の予約も取らないでいただいて、様子を見てもらうことにする。

考察

突発的に起こる痛みの場合1~3回程度で良くなることが多いが、今回は7回の施術を要した。慢性的に負荷がかかることにより、筋の状態が悪くなっていて、スクワットの動作がきっかけで痛みが生じたものと思われる。見かけ上、突発的な症状であったが、筋肉は慢性的な症状の際に見られる状態であった。主訴は臀部痛だが、根本的な原因は大腰筋にあると思われる。

投稿を作成しました 20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る