痛み・しびれに特化した鍼治療

深層筋への直接刺激×多数の鍼×長時間の置鍼=頑固な症状を根本改善

お電話でのご予約はこちらから

ホーム


お知らせ

【営業時間の変更について】

12月1日(日)は17:30最終受付です。


【松江城マラソン12月1日の交通規制について】

当院は通常通り営業しますが、交通規制があるのでお車の方はご注意ください


【年末年始の営業について】

12月29日(日)16:00最終受付

12月30日(月)から1月5日(日)まで休業

1月6日(月)より通常営業いたします。 

なお休業期間中は電話対応いたしかねますのでご了承ください。ご質問、お問い合わせなどはメールにてご遠慮なくどうぞ pekindo@mjharikyu.com



当院では痛み・しびれ・関節の動かしにくさに特化した治療を行っています。 深部の凝り固まった筋肉に直接鍼(はり)を入れることにより血流を改善し、筋肉の緊張を解きほぐし、症状を改善へと導きます。

北京堂鍼灸松江の3つの特徴

筋肉の深部を鍼で直接刺激

北京堂鍼灸では、骨付近の深部にある筋肉が凝り固まることにより、その筋肉が神経を圧迫して痛みを発生させると考えます。つまりその凝り固まった筋肉をほぐすことができれば、痛みを和らげることができるということです。一般的な鍼灸院で使用する短い鍼やマッサージ等ではアプローチしにくい深層の筋肉も狙うことができます。

代表的な深層の筋肉としてはぎっくり腰の原因となる大腰筋が挙げられます。慢性的な腰痛を持つ方の多くに大腰筋の緊張がみられます。大腰筋への直接の鍼治療は、専門的な技術や腰部の解剖学的知識が必要です。当院の鍼治療は深層筋への治療に特化することにより、深部への鍼治療の施術を安全に行うことができます。

腰の奥のほうが痛む感じがする。腰をマッサージされると気持ちよいが、悪いところはもっと奥のほうにある感じがするという方は、大腰筋などの深部の筋肉が固まっている可能性があります。

多数の鍼を使用

当院の施術では痛みの原因となっている個所に確実にアプローチするため、一つの筋肉に対して多数の鍼を使用します。そのため症状に関係のある筋肉一帯に、骨に到達する深度まで鍼を刺します。痛みの原因箇所に鍼が到達すると重いような、しびれるような感覚があり、このような感覚を得気(とっき)と呼びます。この得気が起こることにより、凝り固まってしまった筋肉の血流量が増え、筋肉が柔らかくなっていきます。それと同時に緊張していた筋肉によって刺激されていた神経が解放されることにより、痛み・しびれも改善されていきます。

痛みの起こっている場所、その痛みを司る神経が通過する道筋上の筋肉、神経が脊柱から出た直後の3点を同時に刺鍼するため、広範囲に多数の鍼を使用します。

十分な治療時間

当院は保険適応外の自費治療の鍼灸院です。そのため保険による部位、施術時間等の制約を受けることなく、症状に応じた十分な施術を提供することができます。

多数の鍼を使用することが特徴の治療ですので、症状によっては鍼を刺す時間だけで20分以上かかる場合もあります。また、鍼を刺した状態でしばらく安静状態を保つことにより、筋肉の弛緩と血流改善を図ります。

治療時間はトータルで1時間程度の時間を確保してあります。症状、体質、体調等により鍼の本数や安静状態でいる時間を調整いたしますので、初めての方でも安心して治療を受けていただけます。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る